製品紹介

AIスキルチャット

AI Skillchat

人材育成はリカレント教育を組み合わせることが働き手のエンゲージメントと


働き方改革を向上させイノベーションを起こします。
職能スキルを基軸にする人生設計は人生100年時代に必要です。

背景

日本の教育は学生が就職するまでの学習と就職後の人材育成が分断されていますが,欧米の教育では概ね連動しています。これは日本企業がしっかりした企業内教育システム(以下:企業教育)を持ち優秀なゼネラリストである新卒者を採用してきたことが理由と言える。

企業を取り巻く環境が大きく変化し、従来と異なる職能スキルが求められ、ジョブ型人事制度の導入も進んでいます。

企業教育は、従来企業が主体的に取り組んできましたが、今後は社員が主体的に取り組み企業は支援することになるでしょう。

スキルチャット

利用者が関心のある職務を入力することで,「求められる職能スキル」を表示する対話型ツールです。
社会ニーズ・企業ニーズに適合する職能スキルを学習します。

スキルチャット

利用者の経験から「学習」を絞り込む

利用者の経験から「学習」を絞り込む

利用者がプロフィールとして入力した情報に加え、利用者の学習を含めた経験等をインターネットから検索し学習を絞ります。

スキルチャットの機能

  • 開発言語:追加部分はIBM Watson®
  • 機能:入力は「Webデザイナー」が正確だが「ウェブ」「web」「ホームページ」「webdesigner」webngineer」と入力されても「Webデザイナー」を表示するように入力候補を初期段階で定義しています。
  • 自然文検索と自動学習機能により入力時の判断向上を見込でいます。
  • 入力の軽減のため2択~4択の選択肢を表示します。
  • UI部分はLINE、FB Messenger、WeChatへの連携を行います。
  • 権限:利用者は全データの閲覧を可能とします。
  • 購入者は(利用者の)利用頻度のみ閲覧を可能とします。
  • 有人ヘルプは(利用者の)全データの閲覧を可能とする事を想定しています。
  • API:周辺ビジネスへはSCから利用者が選択する事で遷移する事を想定しています。

ビジネスプロセス関連図

ビジネスプロセス関連図