代表略歴

小泉明正

早稲田大学大学院理工学部卒業、早稲田大学先進理工学部研究学科にて菊地英一教授に指導を受け修了後、三菱化成(のちの三菱化学、現在の三菱ケミカル)へ入社。

スタンフォード大学大学院にてロナルド・A・ハワード(英語: Ronald A. Howard)教授に師事、Management Science修士取得。帰国後は経営企画室、兼研究開発室に配属され、後に情報電子本部記憶材料事業部に勤務。

Apple大企業営業本部長。

インテルーションのアジアパシフィック地域の立ち上げに参画。エマソンのインテルーションの買収後はエマソン プロセス・ジャパン(フィシャーローズマウント)の代表取締役社長に就任。尚エマソンプロセスのソフトウェアー部門は、現在GE Digitalとなる。

世界第3位のERPベンダー、バーン日本法人社長に就任。

ウェブメソッドアジアパシフィックの最初の社員として入社し、アジア太平洋地域のCEOとして世界売り上げの25%まで急成長させる。

世界最大級の人材サービス会社であるランスタッドの日本法人の代表取締役に就任、ヴェディオール・キャリアなど国内4社とのPMI (Post Merger Integraion)に手腕を発揮。

SRIインターナショナルのMD、Asia Pacificに就任する。

エー・スター・クォンタムの上級顧問を始め、多くのスタートアップ企業の役員や顧問、2014年よりスタンフォード大学の入試面接官を務める。

一般社団法人国家ビジョン研究会の「エネルギー・化学産業振興委員会」と「日本版SBIR-2再構築推進委員会」の委員を務める。